戻る


 
 当院では、16列マルチスライスCT(Alexion;アレクシオン)で質の高い画像診断を実施しています。
 この検査では、患者様が横になるだけで苦痛なく頭部や胸部、腹部、脊椎(背骨)などの断層像(輪切り)が鮮明に撮れます。
従来の装置に比べ、一回転で16断面のデータが収集可能となり、短時間・広範囲・高精度の検査が行えます。

 脳出血、脳梗塞、脳腫瘍、頭部外傷から肺癌などの胸部疾患および肝臓癌、胆嚢癌、膵臓癌、などの上腹部の癌から腎臓癌、膀胱癌などの下腹部の癌にいたるまで、全身の臓器の診断に効果を発揮します。

 また、CTでの生活習慣病の検査も可能となりました。行える検査は、内臓脂肪検査(メタボリック)、肺気腫検査(COPD)です。

 
 体脂肪検査レポー  肺気腫検査レポート
   
   
 頭部 胸部(肺) 

戻る