医療法人恵仁会
三島外科胃腸クリニック     
 理事長あいさつ  診療案内  交通案内  施設概要
 透析センター  トピックス  三島クリニック透析室ニュース  関連リンク

第1回講演会 第2回講演会 第3回講演会 第4回講演会 第5回講演会
第5回講演会
 
     

第1回三島クリニック講演会

2001年1月28日開催
 
 
講師   松山赤十字病院腎センター所長
         原田 篤実先生
 
 演題   「透析患者さまが長生きをするための方法」

【講演要旨】

透析患者さんが長生きするためには、「体液量の調整、血圧管理」が最も重要である。
塩分と水分のとり過ぎは、透析間の体重増加(体液量増加)を招き、それによって血圧上昇、心臓の負担増が起きる。体重増加は、1日あきでドライウエイトの3%、2日あきで5%までに抑える。
透析患者の死因となる脳血管障害は、脳出血やくも膜下出血が多く、脳血栓や脳梗塞は少ない。血圧のコントロールができていれば脳血管障害の心配も少ない。

しっかりと蛋白とカロリーをとりカリウムとリンを制限する。
血液透析、CAPDでも蛋白が喪失している。だから、透析をうけていて蛋白をとらないと、体はやせていき透析負け(栄養状態不良)を起こしてしまう。そうなると、感染症にもかかりやすいし、その治療も困難になる。したがって、充分な透析療法を続けていくためには、しっかり食べることが基本である。

検査データについて
@ BUN(尿素窒素)  目標値  透析前値 80mg/dl以下
高い場合は、透析不足、蛋白の過剰摂取が考えられる。また、異化亢進(食事がとれない状態が続いているような場合に起きる)、感染症、外傷、出血などがある場合にも上昇する。BUNは、低いほどいいというわけではなく、低い場合栄養不良のこともある。

A 貧血   
目標値  ヘマトクリット値で30%以上

B カリウム  目標値 5.5mEq/l 以下
6.0mEq/l以上は危険である。カリウムが高くなるのは、ほとんどの場合、カリウムを多く含む食物の過剰摂取であるが、消化管出血や感染症がある場合にも上昇する。

C カルシウム、リン 
       
目標値  カルシウム 4.5〜5.0mEq/l
          リン       4.5〜5.5mg/dl
異所性石灰化の予防、二次性副甲状腺機能亢進症の予防及び治療のためには、リンのコントロールが重要である。


D 心胸比  
    
目標値  50%以下
        (心筋肥厚がある場合は55%以下目標)

E 総蛋白、アルブミン   
     目標値  総蛋白   6.5g/dl以上
          アルブミン 4.0g/dl以上

△このページのトップに戻る
 理事長あいさつ  診療案内  交通案内  施設概要
 透析センター  トピックス  三島クリニック透析室ニュース  関連リンク
HOME
Copyright (C)  2005  MishimaClinic.  All  Rights  Reserved.