かぜ・インフルエンザ

19号メインページに戻る
普通のかぜとインフルエンザを混同してはいませんか。 普通のかぜの症状は、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳(せき)などが中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはほとんどありません。

一方、インフルエンザの場合は38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が強く、あわせて普通のかぜと同様の、のどの痛み、鼻汁などの症状も見られます。さらに、気管支炎、肺炎などを併発し、重症化することがあるのもインフルエンザの特徴です。高齢者や、呼吸器や心臓などに慢性の病気を持つ人は重症化することが多いので、十分注意する必要があります。最悪の場合は死に至ることもあります。

予防と治療
 
日頃から予防対策を
空気が乾燥すると、かぜやインフルエンザにかかりやすくなります。のどの粘膜の防御機能が低下するためですので、外出時にはマスクを利用したり、室内では加湿器などを使って適度な湿度(50〜60%)を保ちましょう。外出後には手洗いを欠かさず、同時にうがいも励行してください。

インフルエンザの予防の基本は、流行前に予防接種を受けることです。インフルエンザが流行してきたら、感染しないために人混みや繁華街への外出を控えましょう。
風邪をひいたら、安静と睡眠、消化のよいバランスの取れた食事を心がけましょう。もし、インフルエンザと思われる高熱が出たら、かぜ同様安静にして休養をとることも大切ですが、まずは病院で診察を受けましょう。発症後48時間以内であれば、抗ウイルス薬による効果的な治療ができます。





 帰ったら、手洗い、うがいを忘れずに!



19号メインページに戻る

19号メニューに戻る