物療機器のご紹介 「キセノン」


キセノン光治療器は、キセノン光を利用した疼痛治療機器です。
キセノン光は、体の深部(皮膚より7cm)まで到達し、広範囲にわたって血管を広げ、血流を改善し、さまざまな痛みに効果を示します。
さらに“干渉波の電気刺激”による筋肉マッサージ効果で凝りをほぐします。

一回の治療時間は10分程度で、個人差はありますが週2〜3回の治療で平均3〜4回目から症状の改善がみられます。キセノン光は太陽光線の波長の一部ですので、副作用の心配はほとんどありません。

適応症(以下の症状でお悩みの方に効果があります)
肩こり  五十肩  腰痛膝の痛み  頸の痛み  
けんしょう炎  リウマチによる関節痛 
筋緊張性頭痛  神経痛など

19号メインページに戻る 19号メニューに戻る