栄 養 室 よ り


管理栄養士
介護予防運動指導員(栄養室)
高石 美由紀
介護予防運動指導員(物療室) 外山 早苗

口腔(こうくう)体操を始めてみませんか!
〜一生おいしく楽しく食べるために〜

 最近、お茶や汁物などでむせることはありませんか。

  口唇(くちびる)の周りの筋肉(口輪筋)や舌の筋肉をきたえて、嚥下(えんげ)能力(ごっくんと飲み込むこと)を向上させ、おいしく楽しく安全にごはんを食べられるよう口腔体操を始めましょう。

今回はその一つとして次の体操をご紹介します。
パ・タ・カ・ラ体操

方法  できるだけ大きな声を出しながら
「パ、パ、パ・タ、タ、タ・カ、カ、カ・ラ、ラ、ラ」
「パタカラ、パタカラ、パタカラ」
(これを5回繰り返します。)

の音は両唇音といい、口輪筋をきたえます。
(口輪筋は食べこぼしにも関係があります。)
の音は歯茎音といい、舌の先をきたえます。
(タと発音した時に舌の先が歯茎に当たっているのがわかりますか?)
の音は軟口蓋音(なんこうがいおん)といい、舌の根元をきたえます。
の音は硬口蓋音(こうこうがいおん)といい、舌全体をきたえます。
 食事の前にこの体操をする習慣をつけて毎日おいしくごはんを食べましょう。
 (デイサービスなどでも口腔体操をするところが増えてきています。)



30号メインページに戻る
30号メニューに戻る