腎臓の働きと透析療法

            
33号メインページに戻る
 
 さて、透析を受けている皆様は、腎臓の働きが悪くなったため透析治療を受けている訳ですが、そもそも人間の腎臓とはどんな働きをしているかご存知でしょうか。

腎臓の働き
 腎臓には大きく分けて4つの働きがあります。それは、尿を作る・血圧を調節する・血液を造るのを助ける・ビタミンDを活性化する、という働きです。

Ⅰ.尿を作る
腎臓が「尿を作る」ということは、次のような仕事をしています。

①体の中の老廃物(毒素)を排泄する。
エネルギー源となる物質が体内で利用された結果できた老廃物を尿として排泄します。

② 水分量を調節する。
尿を多くしたり少なくして調節することで、体内の水分量を一定に保ちます。


③電解質を整える。(体液バランスの調節)
電解質(ナトリウム、カリウム、カルシウム、リン等)の濃度や量を一定に保ちます。また、重炭酸の濃度を調節し、血液が常に弱アルカリ性になるようにしています。


Ⅱ.血圧を調節する
血圧を調整するホルモン(レニン)を出しています。


Ⅲ.血液を造るのを助ける
赤血球を作るのを助けるホルモン(エリスロポエチン)を出しています。


Ⅳ.ビタミンDを活性化する
腎臓で活性化されたビタミンDによって、腸からのカルシウム吸収が促進されます。


血液透析の働き
 十分な働きができなくなった腎臓に代わって、腎臓の機能の一部を代行しているのが血液透析です。
血液透析で代行できることは、

・老廃物(尿毒素)を排泄する
・余分な水分を取り除く
・電解質を調節する
・血液中にアルカリ成分(重炭酸)を補充する、などです。

 ただし、人間の腎臓が1日24時間、毎日休みなく血液をきれいにするために働いているのに比べて、血液透析は1週間に3日、それもほとんどの方が1回4時間程度です。そのため、血液透析は尿毒素の除去という点では人間の腎臓には及びません。
 しかしながら、同じ週3回透析でも1回4時間透析をしている人に比べて、5時間透析をしている人は、合併症が出にくく、長生きするということが世界的な調査で分かっています。
 わずか1回1時間の違いですが、5時間透析をすることで体の隅々までの毒素を十分抜くことができ、それによって非常につらい透析の合併症を防ぐ効果が何倍にも増し、またそれが長生きにも結びつくという大きな差になって将来表れてきます。
 短期的にみても透析時間を長くすることで、透析中の血圧がより安定し、透析が楽になります。
 このようなことから、皆様もいろいろとお忙しいでしょうが、透析日は他の何より血液透析を優先して、しっかりと5時間透析をしていただきたいと考えております。
 血液透析で代行できないことに関しては、食事療法や薬物療法(エリスロポエチンの注射や活性型ビタミンDなどの服用)などによって、腎臓の機能を代行しています。

良い体調で長生きするために、高性能の透析器(ダイアライザー)を使用して、5時間透析を行うことをお勧めします。



33号メインページに戻る

33号メニューに戻る