あなたの足は健康ですか?


                 看護師 吉川 基樹


 透析患者様の高齢化や糖尿病を合併した透析患者様が増加し、それに伴う動脈硬化が原因で起こる血流障害、閉塞性動脈硬化症(ASO)の患者様が増加しています。つまり足への血液の流れが悪くなることによりさまざまな足病変が発症する可能性があるのです。

ひとえに足病変といってもさまざまな症状があります。足の指先が青紫に変色したり、足の冷えやしびれ、巻き爪、深爪による感染、水虫、足の皮膚の乾燥、爪が厚くなったりなど、皆様も覚えがある症状はございませんか?

 血液の流れが悪いと、そういった小さな傷が原因で足を切断するような大きな障害へ発展する可能性もあるのです。当院では1ヶ月に1回患者様の足を観察して病状の早期発見に取り組んでおりますので、その際は御協力のほどお願い致します。

 毎日の生活の中で以下のことを守っていただきたいと思います。
①足は体の中でも汚れた所です。水虫にならないように指の間までしっかり洗い、よく水分をふき取りましょう(水虫のカビは湿ったところを好みます)。

②爪は深く切りすぎていませんか?あまり深く切ると、出血して 化膿する恐れがあります。無理をせず、スタッフに爪切りを相談して下さい。(1ヶ月に1回のチェック時にスタッフが爪切りを行います)

③足をどこかにぶつけた・爪を切って出血した・足が乾燥する・足が冷える・足が痛いなど足に何か変わったことがあれば、どんなささいなことでもスタッフに相談して下さい。


33号メインページに戻る
33号メニューに戻る