医療法人恵仁会
三島外科胃腸クリニック     
 理事長あいさつ  診療案内  交通案内  施設概要
 透析センター  トピックス  三島クリニック透析室ニュース  関連リンク

三島クリニック透析室ニュース
 Internet Vrsion
第40号   平成22年11月16日発行

    平成22年晩秋


       
理事長 溝渕 正行

撮影:平成22年11月6日
 
 これまでにないほど異常に過酷で長く続いた今年の夏がやっと過ぎ去ったと思うと、秋をゆっくりと味わう間もなくすでに冬を思わせる寒風の吹く季節となった今日この頃ですが、皆様の体調に御変わりはありませんか。この寒さの襲来で風邪やインフルエンザ、ノロウィルスなどの病原微生物がいっきに勢いを増し流行をみせ始めますのでくれぐれも御用心下さい。
 ところで、民主党政権となって1年以上が経過しましたが、はたして期待通り日本は、日本の医療は良くなってきているのでしょうか。前々回号で私は日本及び日本の医療の将来が心配でならないと申しましたが、残念ながらその危惧通りとなり社会福祉は一向に改善せずむしろ悪化した感さえあります。更に外交にいたっては、中国、ロシアに翻弄され党内で内部分裂しかねない情けない状況となっています。医療を含む政治全体が以前より悪化していると感じるのは私だけなのでしょうか。
 前回の透析室ニュースでも御紹介させていただきましたように当院は今年の10月6日で開院満30年を迎えました。当院の中での30年間を振り返ってみますと、ハード面におきましては6〜7回の増改築と頻回の検査治療機器の整備を繰り返してきました。また、ソフト面におきましても年に1〜2回の外来講師を招聘しての講演会、毎月のスタッフ勉強会、メーカー講演会、接遇マナー講習会などを通じて、時代の要請に応じた、少しずつではありますが確実な医療の質の向上を図ることができてきたのではないかと考えております。実際、今年の9月26日、高知での第44回四国透析療法研究会でも5演題を提出し、2演題が学術奨励賞をいただくなどと結果もでてきていると思います(四国全体で8演題が表彰されました)。
 ただ、私共はまだまだこれで充分などと考えているわけではございません。悪化する医療政策や政治にもひるむことなく、更なる向上をめざして創意工夫を重ねて皆様方の健康の維持増進に努めていく所存でございます。そのために皆様方にもぜひ自己管理など御協力をいただけますようよろしくお願い申し上げます。


開院30周年記念旅行での写真です。
世界遺産
モン・サン・ミシェル(フランス)

「西洋の驚異」といわれるモンサンミシェル。
圧倒的な存在感と独特なオーラに感動しました。
撮影:2010年9月14日
   透析センター 藤原

     写真をクリックすると拡大します。
1
   ▼記事の全文

特集記事  「超純粋(ウルトラピュア)の透析液」

「栄養室より」

「インフルエンザに気をつけましょう」

「ノロウイルス食中毒に注意しましょう」

他のナンバーも掲載しています。

〔16号〕 〔17号〕 〔18号〕 〔19号〕 〔20号〕
〔21号〕 〔22号〕 〔23号〕 〔24号〕 〔25号〕
〔26号〕 〔27号〕 〔28号〕 〔29号〕 〔30号〕
〔31号〕 〔32号〕 〔33号〕 〔34号〕 〔35号〕
〔36号〕 〔37号〕 〔38号〕 〔39号〕 〔41号〕
〔42号〕 〔43号〕 〔44号〕 〔45号〕 〔46号〕
〔47号〕 〔48号〕 〔49号〕 〔50号〕 〔51号〕
〔52号〕 〔53号〕 〔54号〕 〔55号〕 〔56号〕
〔57号〕 〔58号〕 〔59号〕 〔60号〕 〔61号〕
〔62号〕 〔63号〕 〔64号〕 〔65号〕 〔66号〕
〔67号〕        

 理事長あいさつ  診療案内  交通案内  施設概要
 透析センター  トピックス  三島クリニック透析室ニュース  関連リンク
HOME
Copyright(C)  2005  MishimaClinic.  All  Rights  Reserved